Amazonと楽天で買ってよかったもの50選→ CLICK!

【徹底比較】「バガブービー6」と「バガブーバタフライ」おすすめはどっち?

バガブーのベビーカーについて、「重い」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

2022年6月に新発売された「バガブーバタフライ」は、バガブー史上最も軽量なベビーカーとして話題になっています。

重さ以外に「バガブービー6」とどこが違うの?と気になりますよね。

この記事では、バガブーのベビーカー「ビー6」と「バタフライ」を徹底比較しました。

この記事の内容

筆者ちまるのプロフィール
  • 1歳児のママ
  • バガブービー6を愛用中
  • オシャレで機能的な育児グッズが好き
\ 自己紹介 /
目次

「ビー6」と「バタフライ」の特徴

「ビー6」の特徴

引用:bugaboo公式/バガブービー6

「ビー6」は安定感のあるスムーズな走行性が魅力のAB型ベビーカーです。

7インチの大きなタイヤとサスペクションが搭載されており、押し心地が快適でスイスイ進むことができます。

人間工学デザインのシートは、体に余計な負担をかけずに子どもの背中を支え、筋肉が未発達な子どもの姿勢をサポート。

リクライニングはフルフラットも含めた3段階で、新生児から使用することができます。

ちまる

私は1年半以上、バガブービー6を愛用してます♪

バガブービー6のリアルな口コミはこちら

「バタフライ」の特徴

引用:bugaboo公式/バガブーバタフライ

「バタフライ」はバガブー史上初のB型ベビーカーで、コンパクト&軽量モデルです。

片手でワンタッチでの折り畳みが可能

折り畳むとコンパクトになるので、小さく収納することができます。

コンパクトながら、アンダーバスケットはB型ベビーカーの中では広めで、8kgまで荷物が入ります

対象年齢は、生後6か月からです。

バガブー公式オンラインストア
¥74,250 (2024/04/17 22:55時点 | 楽天市場調べ)

【比較表】「ビー6」と「バタフライ」の違い

「ビー6」と「バタフライ」について徹底比較してみました。

スクロールできます
比較項目ビー6バタフライ
価格108,900円
ブラックフレームの場合
60,500円
タイプAB型(両対面式)B型(背面式)
対象年齢新生児~体重22kgまで6か月~体重22kgまで
サイズ
(長さ×幅×高さ)
86cm×53cm×91cm
(ハンドルバー最短時)
92.5cm×45cm×102.4cm
折畳時のサイズ
(長さ×幅×高さ)
90cm×47cm×36cm23cm×45cm×54cm
重量9.4kg7.3kg
リクライニング
シート
100°/150°/170°
の3段階調節
111°/145°
の2段階調節
アンダーバスケット
収納・容量
最大4kg
22リットル
最大8kg
36リットル
ハンドル高91.5cm~109cm
の10段階調節
102.4cm(固定)
レッグレストなしあり(5段階)
バンパーバーありなし(別売)
車輪サイズ前輪:7インチ
後輪:7インチ
前輪:4.7インチ
後輪:6インチ
サスペクション全輪搭載全輪搭載
カラー展開キャノピー:7色
シートカラー:2色
フレーム:2色
※ミネラルコレクションを除く
3色
付属品レインカバーレインカバー
ちまる

気になる10項目について詳しく解説していきます!

1:価格

ベビーカー価格
ビー6
(ブラックフレーム)
108,900円(税込)
ビー6
(シルバーフレーム)
101,200円(税込)
バタフライ60,500円(税込)

「ビー6」は10万円を超えますが、「バタフライ」は6万円台とバガブーシリーズにしては検討しやすい価格になっています。

「ビー6」のブラックフレームと比べると、価格差は48,400円。

比較すると、圧倒的にコスパが良いのは「バタフライ」になります。

2:タイプ・対象年齢

ベビーカータイプ・対象年齢
 ビー6AB型(両対面式)
新生児~体重22kgまで
 バタフライB型(背面式)
6か月~体重22kgまで

「ビー6」はAB型の両対面式のベビーカーで、新生児から使用することができます。

それに対し、「バタフライ」はB型の背面式で、腰の据わる6か月から使用可能です。

新生児期から使用したい方は「ビー6」一択ですが、腰据わりまでは抱っこ紐を使う方や、セカンドベビーカーをお探しの方には「バタフライ」も候補に入りますね

「バタフライ」は別売りのトラベルシステムを使うと、新生児から対応可能となります。

3:サイズ

 ベビーカー サイズ(長さ×幅×高さ)
  ビー6展開時:86cm×53cm×91cm
折畳時:90cm×47cm×36cm
  バタフライ展開時:92.5cm×45cm×102.4cm
折畳時:23cm×45cm×54cm

「ビー6」に比べ、「バタフライ」は圧倒的にコンパクトです。

特に、折り畳み時に省スペースになるのがいいですね。

収納も場所を取りませんし、車の乗せ降ろしも簡単にできそうです。

ちまる

「ビー6」は折り畳んでも高さと厚さにボリュームがあるので、狭い玄関だとそれなりに場所を取ってしまうんです。

また、幅は「ビー6」は53cm、「バタフライ」は45cmです。

一般的な改札は55cmなので、「バタフライ」だとラクに通ることができます

ちまる

「ビー6」も通れるサイズですが、ギリギリなので気を付けながら通過しています。

4:重量

ベビーカー重量
   ビー69.4kg
   バタフライ7.3kg

「ビー6」を検討する方で迷うのが、その「重さ」ではないでしょうか。

しっかりとした重さがあるからこそスムーズに走行できるんですが、持ち運びとなるといかんせん重い…。

ちまる

頻繁に車の乗せ降ろしがある方だと大変だと思います。

「バタフライ」も7.3kgと、国内ベビーカーと比べると軽いわけではないんですが、2kgの差は結構大きいです。

バガブーのベビーカーが気になってるけど「重さ」がネックという方は、一度「バタフライ」を試してみることをおすすめします。

5:リクライニングシート

ベビーカーリクライニングシート
   ビー6100°/150°/170°の3段階調節
   バタフライ111°/145°の2段階調節

「ビー6」はリクライニングが3段階、「バタフライ」は2段階です。

「ビー6」は170°まで倒れるので、フルフラットシートとして新生児期から安心して使用することができます。

ちまる

フルフラットにできると、子どもが大きくなっても寝たときに寝やすい体勢にしてあげれるので便利です。

「バタフライ」は145°ですが、B型のベビーカーの中ではフルフラットに近くなります(サイベックスリベルは130°)。

B型ベビーカーなのに、ここまで背もたれを倒せるのは魅力が大きいですね。

また、「ビー6」は、起き上がりも100°としっかりと起き上がります

子どもが小さいうちは「どれだけ倒せるか」に着目してしまいがちですが、成長すると「椅子のような角度でちゃんと座ることができるかどうか」という点も重要になります。

「バタフライ」の起き上がりは111°なので、「ビー6」と比べると角度が足りないという印象。

より子どもの乗り心地を重視するなら、「ビー6」のほうがリクライニングは優れていると言えます。

6:アンダーバスケット

ベビーカーアンダーバスケット収納・容量
   ビー6最大4kg・22リットル
   バタフライ最大8kg・36リットル

「バタフライ」のアンダーバスケットは、最大4kg・22リットルと収納力抜群です。

しかも、前からも後ろからも荷物を出し入れすることができるんです。

「ビー6」は、ハンドル側に仕切りがあるので、荷物を前からしか入れられません。

ちまる

「ビー6」はバスケットの入り口もそこまで大きくなく、座面を持ち上げる必要があるので、ちょっと面倒なんです…。

子どもが成長するにつれ、おやつや水筒、おもちゃなど荷物が多くなるので、「バタフライ」の大容量バスケットはかなり羨ましいポイントです。

7:ハンドル高

ベビーカーハンドル高
   ビー691.5cm~109cmの10段階調節
   バタフライ102.4cm(固定)

「ビー6」は持ち手の調節機能があるのに対し、「バタフライ」は固定となっています。

身長差のあるパパママだと、高さ調節できる方が便利ですね。

また、「バタフライ」のハンドルは国内メーカーのベビーカーよりも高めに設定されているので、身長が低めの方は確認したほうがいいかもしれません。

ちまる

「ビー6」は10段階に調節できるので、自分にぴったりの高さにすることができます。

8:レッグレスト

ベビーカーレッグレスト
   ビー6なし
   バタフライあり

「バタフライ」には、5段階に調整可能なレッグレストがついています。

レッグレストがあれば、赤ちゃんが寝てしまったときや足置きに足が届かない時期に楽にさせてあげることができます。

格納式なので、成長してフットレストが不要になっても邪魔になりません。

「ビー6」にはフットレストはありませんが、背もたれと座面の高さも調節することができるので、赤ちゃんの成長に合わせてシートの大きさを変えられます。

また、「バタフライ」と比べて足置きがワイドで広々としているので、子どもが足を置きやすいです。

9:バンパーバー

ベビーカーバンパーバー
   ビー6あり
   バタフライなし(別売)

子どもが1歳を過ぎると、身を乗り出して景色を楽しむようになります。

そんなときにあると便利なのが、バンパーバー。

「ビー6」はバンパーバーが付属でついてきます。

「ビー6」を使用している我が家の息子はバンパーバーに掴まることができて楽しそう&座りやすそうです。

「バタフライ」のバンパーバーは別売りで購入できますが、4,100円となかなかのお値段がします。

バガブー公式オンラインストア
¥4,840 (2024/04/17 22:55時点 | 楽天市場調べ)

10:カラー展開

ベビーカーカラー展開
   ビー6キャノピー:7色
シートカラー:2色
フレーム:2色
※ミネラルコレクションを除く
   バタフライ3色

「ビー6」は、キャノピー、シートカラー、フレームを好きなカラーで選べるので、自分好みにカスタマイズすることができます。

ちまる

豊富なカラー展開で選ぶのが楽しかったです。

一方で、「バタフライ」は3色展開です。

「ミッドナイトブラック」「ストーミーブルー」「フォレストグリーン」と、どれも落ち着いたシックな色合いです。

ホワイトやピンク、グレーを求める方や、自分好みにカスタマイズしたい方は「ビー6」がおすすめです。

「ビー6」と「バタフライ」はそれぞれこんな人におすすめ

「ビー6」と「バタフライ」は、それぞれこんな人におすすめです。

「ビー6」がおすすめな人
「バタフライ」がおすすめな人
  • 新生児期から使いたい
  • 移動手段は徒歩か電車
  • リクライニングは直角になるように起こしたい
  • ハンドルバーの高さを調整したい
  • 自分好みにカスタマイズしたい
  • 軽さやコンパクトさよりも赤ちゃんの乗り心地を重視したい
  • 生後6か月までは抱っこ紐を使う
  • 移動手段は車(乗せ降ろしが多い)
  • 外出先で折り畳んで持ち運びすることが多い
  • コンパクトに収納したい
  • バガブーの抜群の走行性は魅力的だが、ビー6より軽いほうがいい
  • コンパクトなセカンドベビーカーを探している

「ビー6」も「バタフライ」も、それぞれの良さがあります。

どちらを選んでも、バガブーブランドですから操作性・走行性の高さは間違いなし!

ちまる

自分の生活スタイルを考えて、後悔のないベビーカー選びをしましょう。

この記事が検討されている方の少しでも参考になれば幸いです。

バガブー公式オンラインストア
¥74,250 (2024/04/17 22:55時点 | 楽天市場調べ)

・  ・  ・

目次